合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

イマドキ合コンで使えるネタ:ゲーム&クイズ 食べ物編

合コンで「ゲームをしよう!」という話が出ると「え~」という人も少なくありません。特に男性の方から女性に対して「ゲームをしよう!」と行った場合、断られることも多いでしょう。初対面同士ならなおさらです。
そんな時は、簡単なクイズを出して場を盛り上げるきっかけを作るのもおすすめです。クイズなら誰でも答えやすいですし、合コンに参加しているメンバー全員が参加できます。
冷たいものもいいけれど、温かい食べ物を囲むのも楽しいものです。もコンビニエンスストアなどには湯気のでるアツアツのフードが並び始め、ついつい買ってしまうという人も多いはず。ということで、こんなクイズはいかがでしょう。

あったか食べ物クイズ・会話

出題者A「嫌なことをされても絶対に相手を憎まない食べ物はなんでしょう?」
参加者B「絶対に相手を憎まない食べ物?」
参加者C「そんな食べ物あるかな。罪を憎んで人を憎まん・・・・・・。」
出題者A「ギクッ!」
参加者D「あ、"肉まん"?ですか?」
出題者A「正解!答えは"肉まん"でした。」

出題者A「おでんで人気のちくわぶは、何からできているでしょうか?」
参加者B「ちくわって言うくらいだから、かまぼこと同じ材料とか?」
出題者A「ブブー、違います。」
参加者C「ちくわ"ぶ"って言うんだからあれは麩じゃないかな?」
出題者A「近くなってきました!」
参加者D「ということは・・・・・・小麦粉?」
出題者A「正解!答えは"小麦粉"でした。」

出題者A「今まで俺が一番おいしいと思った鍋料理はなんでしょうか?」
参加者B「知らない(笑)」
参加者C
「ヒントは?」
出題者A「好き嫌いがはっきり別れそうな鍋かな。」
参加者D「キムチ鍋?」
出題者A「色は赤くないです。」
参加者B「ちゃんこ鍋?きりたんぽ鍋?土手鍋?すき焼き?」
出題者A「全部ハズレ!答えるのは1人1個まで!」
参加者C「鍋焼きうどん?」
出題者A「違います。正解は○○屋のモツ鍋でした。」
参加者B「んなもん、知るかっ!(笑)」

答えるのが簡単なクイズならみんなで盛り上がれます。そして、クイズの後に会話を広げることも出来ます。
「僕、大学時代にコンビニでバイトしていたんだけど、中華まんの発注をミスったことがあって、発注で肉まんを60個頼むはずが6個しか頼んでなかった事件がありましたよー。」 「昔、プリンが入った中華まんってありませんでした? 私は結構好きでした。」
「ちくわぶって、こっちに来てから初めて知った食べ物なんですよねー。こんなの、食べるの?って、最初は驚きました!」
「ここだけの話ですけど、ウチのおでんには魚肉ソーセージが入ってて、ソレが当たり前だと思ってました・・・・・・。」
「○○屋のモツ鍋っておいしいの?今度行ってみたいです!どこにあるのですか?」 「猫舌なので熱いものは苦手です。どうやったらアツアツのものが食べられるようになりますか?」など。

食べ物に関する共通点が見つかって、参加者同士の距離も近くなるかもしれません。クイズから発展させて、自分が好きな温かい食べ物を決めた時間内に決めた数だけ挙げていくというゲームなども出来そうです。また、食べ物の名前限定のしりとりなども面白いでしょう。

決められた時間内に好きな食べ物を挙げるゲーム

出題者A「10秒以内に自分が好きな温かい食べ物を10個挙げていこう。」
参加者B「1秒に1個か。楽勝?」
参加者C「じゃぁBさんからお願いします。」
参加者D「よーい、スタート!」
参加者B「えっと、ラーメン・焼きそば・もんじゃ・グラタン・おでん・ラーメン」
参加者D「ラーメン2回目です。」
参加者B「えっと、えっと、ピザ・チキンカツ」
出題者A「はい時間切れ!」
参加者B「意外と難しいなぁ・・・・・・。」

食べ物限定のしりとり

出題者A「しりとりの"り"から。まずは俺がいきますね。リシリコンブ。」
参加者B「いきなりそれ!?"ブ"?ブルーベリー。」
参加者C「これは"リ"からでいいんですか?リンゴ。」
参加者D「"ゴ"・・・・・・ゴボウ。」
出題者A「"ウ"と言ったらうどん!」
参加者B「ブー! ちょっと、ちょっと、終わるのが早すぎですよ。」
出題者A「俺香川県出身だから許して!」


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報