合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > みんな大好き♪アイスのマメ知識

みんな大好き♪アイスのマメ知識

●そもそもアイスって?

そもそもアイスって? アイスと一言で言いますが、アイスにもランクのようなものがあります。それぞれ法律でアイスクリーム類という分野の規定があり、それによって名称も変わってきます。アイスクリームと正式に呼ぶ事が出来るものはアイスの中に含まれる乳固形分(乳成分内の水分以外を示す)が15.0%以上で、そのうち乳脂肪分が8.0%以上のものだけです。この基準以下のものはアイスクリーム類ではありますが、種類としてはアイスミルクまたはラクトアイスになります。

種類 乳固形分 乳脂肪分 特徴
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上 風味がよく、栄養価が高いです。乳脂肪以外の食用油脂を添加してはならないと決められています。
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上 牛乳と同じくらいの栄養価で、植物性脂肪を配合することもあります。
ラクトアイス 3.0%以上 規格無 風味を良くする為、乳脂肪の代わりに植物性脂肪が多く使われています。
ガリガリ君などのアイスは何に分類されるでしょうか?
【答え】氷菓(ひょうか)
上記の規格から外れるものは全て“氷菓”という凍ったお菓子の部類に入ります。アイスキャンディーやかき氷、シャーベットなどはこちらに分類されることが多いです。

●高級アイスクリームのおいしさの秘密

プレミアム・アイスクリームという言葉をご存知でしょうか?
法律で決まっているわけではありませんが、業界ではアイスクリームの中でも乳脂肪分12%以上のアイスクリームをプレミアム・アイスクリームと呼びます。さらに14%以上のものをスーパープレミアム・アイスクリームと呼んでいます。一般に売られている高級アイスクリームはこのどちらかにあたります。
アイスクリームは製造工程で、軽い口当たりにするために空気を混入させます。この空気の割合をオーバーランといいます。オーバーランが大きければ含まれる空気の割合が多く、口当たりが軽く溶けやすくなります。
逆に、オーバーランが小さければ空気の割合が少なく、風味を感じやすく滑らかな食感で溶けにくくなります。一般的には、オーバーランが20~30%程度のときがもっとも滑らかな口溶けで、 原材料の風味もしっかりと感じられておいしいとされています。プレミアム・アイスクリームやスーパープレミアム・アイスクリームはオーバーランを低くしてこだわりの原材料の風味などを表現している為、高級なのです。同じ個数アイスを作るにも空気の含有率が低い程、原材料が大量に必要なのですから!

次の中でプレミアム・アイスクリームとスーパープレミアム・アイスクリームはどれでしょう?
1.ハーゲンダッツ<バニラ>
2.ガリガリ君<ソーダ>
3.Meiji THE PREMIUM Gran<グランミルク&生キャラメル>
4.MOW(モウ)<濃厚ミルクバニラ>
5.HERSHEY‘S<チョコチップバニラ>
【答え】1.ハーゲンダッツ<バニラ>
3.meiji THE PREMIUM Gran<グランミルク&生キャラメル>

1.ハーゲンダッツ<バニラ>

日本のアイスクリーム市場でかなりのブランド力を誇るハーゲンダッツ!もう説明するまでも無いかと思います。スーパープレミアム・アイスクリームの代名詞と言っても過言ではありません。

2.ガリガリ君<ソーダ>

庶民の味方ガリガリ君!幼少の頃から慣れ親しんだいつまでも変わらない美味しさで人気です。種別は氷菓とプレミアム・アイスクリームではありませんが、また違った美味しさで愛され続けているロングヒット商品です!

3.Meiji THE PREMIUM Gran<グランミルク&生キャラメル>

ハーゲンダッツのライバルとされるスーパープレミアム・アイスクリームです。濃厚なミルクのコクと苦味の効いたキャラメルソースで人気です!

4.MOW(モウ)<濃厚ミルクバニラ>

こちらはアイスクリームではありますが残念ながらプレミアムには属しません。しかし、より価格を下げて濃厚な味わいで人気の商品です!

5.HERSHEY‘S<チョコチップバニラ>

KISSチョコや、チョコレートシロップなどが有名なHERSHEY’Sからのアイスです。チョコレート好きにはたまらない一品です。種別はラクトアイス規格。

●アイスクリームの賞味期限?

アイスクリームの賞味期限? アイスクリーム類は『乳及び乳製品の成分規格等に関する省令』に於いて「アイスクリーム類にあっては期限及びその保存方法を省略することができる」と定められています。また、『食品衛生法』でも「アイスクリームは賞味期限の表示を省略してもよい」と定められています。

理由としては
①アイスクリームは通常-18度以下で冷凍保存されるので、この低温化で細菌が増殖することはない
②保管状況に問題があった場合にも、形状が崩れたことで異常等が容易に確認出来る
③原材料が牛乳や乳製品と限られていて単純であり、品目も少ない為、冷凍保存下での劣化が考えにくいというわけです。科学的根拠に基づいた理由が存在しています。安心して食べて下さい!
ただし、ご家庭で長期保存していたものは、業務用の大きな冷凍倉庫とは環境が違いますので良く確認してから食べることをおすすめします。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報