合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > 夏らしいホラー映画あれこれ

夏らしいホラー映画あれこれ

眩しい太陽が照りだす季節・夏は、合コンにプールに、お出かけしたいですね!
しかし外は暑い…そんな貴方は、家でも涼しくなれる「ホラー映画鑑賞」なんていかがでしょうか?
夏にホラー映画を見たくなるのは、「人間が手っ取り早く味わえる怖いという感情」を異世界に出かけて味わうことによってお出かけしたい気分を満たすためなのです。
今回は、合コンの話題で盛り上がること間違いなし!の、おすすめホラー映画をご紹介します。

女優霊/日本映画(1996年公開)

映画の撮影所を舞台に、過去のフィルムに移っていた女優の幽霊にまつわる怪異を描く日本のホラー作品です。『リング』など後にホラー映画の第一人者となる中田秀夫監督のデビュー作であり、この作品には自分が育った場所である撮影所への思い入れを盛り込んでいます。実際にこの映画の内容も「新人の映画監督が処女作の撮影中に怪異に巻き込まれてしまう」というものになっています。リングは今や国民的ホラー映画なので、それより前の作品を知っているとなったら合コンでも話が盛り上がりますね。

あらすじ
新人監督である村井俊男は、自身のデビュー作となる映画を製作していた。
その作品のカメラテスト中に、全く別の映像が紛れていることに気付くも、村井にはどこかその映像に見覚えがあった。
それを機に、撮影現場では次々と奇妙な現象が起こり…
シックス・センス/アメリカ映画(1999年公開)

死んだ人が見える少年と彼をサポートする児童心理学者の体験した「未知の世界」「二人の交流」「少年の持つ第六感(シックスセンス)」とどう向き合っていくのかを描いた1999年のアメリカ映画です。
映画の始まる前にブルース・ウィルスが「この映画には秘密があります。まだ見てない人には、話さないで下さい」と話したことが話題となり、とても有名になった映画でもあります。
かなり有名な映画なので、合コンで名前を出すだけでもヒヤリとするかも!?

あらすじ
第一線で活躍している児童心理学者、マルコム・クロウのもとに現れたのは、「10年前にカウンセリングを受けた」というビンセントと名乗る少年。
ビンセントは「自分を救ってくれなかった」と言い、最終的にマルコムの目の前で自殺してしまう。
実はビンセントを救えていなかったことを思い知らされたマルコムは自信を失い、苦悩と悲しみに暮れる生活を送っていた。
そんな時、ビンセントに良く似た少年、コール・シアーを担当することになったマルコム。コールを救うことが出来れば、ビンセントを救えなかった自分も救えるかもしれない。
マルコムの努力によってやっとコールが打ち明けた悩みは「死者が見えてしまう第六感があり、そのために学校中の人から異端児扱いされ、家族ともうまくいかなくなった」というものだった。
当初は懐疑的だったマルコムもやがてコールの言葉を受け入れるようになり、死者が現れる理由を共に探ることとなるが…
コンスタンティン/アメリカ映画(2005年公開)

天国と地獄が現実世界の近くでせめぎ合いを繰り広げるアメリカンコミック『ヘルブレイザー』が原作となり、2005年に制作された映画です。
「マトリックス」でもお馴染みのキアヌ・リーブスがダークヒーローとなって活躍するオカルト・ファンタジー・アクションです。
キリスト教など宗教にまつわる単語や人物の名が多く、宗教観も取り入れられている宗教色の強い映画です。
また、エンドロールの後に続きがあるという、アメリカ映画には珍しい作りになっています。

あらすじ
異界に所属している者を見分ける特殊な能力を持つコンスタンティンは、その能力を使って人間界に侵食しようとする悪を倒し、地獄へ送り届けるために戦いを続けていた。
一方で、ロサンジェルス市警のアンジェラは、双子の妹であるイサベラが不審な飛び降り自殺をしたという事実をなかなか受け入れられず、真相を究明するために独自で調査を続けていた。
やがてアンジェラはコンスタンティンと接触し、アンジェラの話が世界の異変に関係していると感じたコンスタンティンはイサベル自殺の謎を解くためにアンジェラと行動を共にし始めるのだが…
オーディション/日本映画(1999年公開)

映画のオーディションのためにやってくる女性達から再婚相手を探そうとする男性が体験した恐怖を描く、1999年に公開された映画です。原作は村上龍が月刊誌に連載していた同名の小説で、それを三池崇史が映画化しました。
その怖さは折り紙付きで、2000年にロッテルダムで行われた国際映画祭では上映中に記録的な人数の途中退場者を出し、アイルランド映画協会会員限定上映の時には会員の何人かがショックで倒れ病院に運ばれ、波紋を呼んだ映画です。
アメリカのTIMES誌の発表した「ホラー映画トップ25」には、邦画で唯一その名を残しました。
合コン中に、自分が今まで見た中で一番怖かったホラー映画について話してみるのも面白いかもしれませんね。

あらすじ
7年前に妻を亡くし、男手ひとつで息子を育ててきたビデオ制作会社社長の青山は、ある日息子に再婚を勧められる。
その話に興味を持ったプロデューサーの吉川は、現在勧めている映画の主演女優オーディションに来た女性の中から再婚相手を探そうと言い出す。
始めはあまり乗り気でない青山だったが、24歳の山崎麻美という女性に惹かれ、山崎もまた青山の気持ちに応えるように彼を愛するようになった。
彼女の身元が不明なことに不安を感じていた矢先、彼女が失踪し、現実か幻覚かもわからない世界で山崎と再会した青山は彼女の不幸な生い立ちを聞かされて…
ホラー映画クイズ
1990年、キャシー・ベイツは世界を驚愕させたホラー映画の元祖でアカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞しました。この映画タイトルは?

①エクソシスト ②ミザリー ③サスペリア


②ミザリー

「ミザリー」は心理恐怖映画です。雪山に事故で遭難してしまった小説家が見知らぬ女性がいるロッジで看護を受けるが、身動きできないため次第に見知らぬ女性の狂気があきらかになってくる、そんなゾクゾクする元祖ホラー映画です。

1991年、猟奇殺人映画として有名な「羊たちの沈黙」この映画の続編「ハンニバル」も恐怖映画のトップを君臨しています。猟奇殺人犯、精神科医の名前は?

①メクター博士  ②レニター博士  ③レクター博士

②レクター博士

レクター博士役アンソニー・ホプキンスは、アカデミー主演男優賞を、もう一方の主役、FBI訓練生として殺人犯を追うクラリス役を演じたジョディ・ホスターは赤で見にー主演女優賞を受賞し、当時の話題を総なめしました。連続猟奇殺人事件を題材としています。

この情報は変更することがありますのでご注意ください。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報