合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > ちょっと特殊な就活面接体験談

ちょっと特殊な就活面接体験談

就職活動を成功させるコツは、面接を成功させることだといっても過言ではありません。
しかし、一口に面接と言っても、いろんなスタイルがあるのをご存知ですか?面接官との1対1での面接ばかりが面接ではないのです。
今回はちょっと特殊な就活面接体験談などをお送りいたします。

ちょっと特殊な面接体験談

特殊な面接の体験談をいくつかご紹介致します。

体験談(その1)
僕が受けた面接は、面接に来た人同士で2人組を作り、まずはお互いに自己紹介をして、その後、組になった相手のプレゼンを面接官の前でするという面接でした。自己紹介のときに上手く説明しないと自分のことが相手に伝わらないし、相手のことをよく聞いていないとプレゼンが出来ないので、焦ってしまいました。初対面の人に自分を売り込んだり、初対面の人を第三者に紹介するのはかなり難しいことだと感じました。
体験談(その2)
私が受けた面接は、いわゆる「グループディスカッション」という形式の面接でした。面接官があるテーマを出し、それについて面接に来た人たちが議論するというもの。司会や書記も、面接に来た人たちの中から選びました。就職がかかっているせいか、面接官の前で議論をするというのは、非常に緊張しました。
体験談(その3)
賛成グループと、反対グループに分かれて行うディベート面接を体験しました。自分の意見の正当性をアピールするための面接形式です。ディベートが苦手だったせいもあり、はっきりとした意見を言うことが出来ませんでした。頭の中で文章を構築する力と、相手に納得させる話し方をする能力がないと、ディベート面接は難しいかも知れません。
体験談(その4)
簡単なグループ面接と、筆記試験の後、会社説明のビデオを見せられました。そのビデオが思った以上に長い上に、内容がダラダラしていたので、思わずウトウト・・・・・・。ビデオ上映の後に企業の感想を書かせられると分かっていたら起きていたのに、と思っても後の祭りでした。
特殊な面接の対策には

どんな面接形式、どんな質問が来てもいいように、臨機応変に対応できるようにしておくのが望ましいでしょう。
面接のイメージトレーニングをするのも良いです。また、社会人としての最低限のマナーは絶対に守りましょう。
面接官はいろんなところに目を光らせていますから、面接の前や後も気を抜かない姿勢が大事です。
面接の前の予約の時点ですでに面接が始まっていることもあるので、電話でのやり取りはしっかりとしたいところ。
言葉遣いは常に注意しましょう。

面接前のちょっと特殊なアクシデントクイズ

面接の前にアクシデントが起こったら・・・・・・どう対処しますか?社会人になると、急なアクシデントに対応するための臨機応変な行動力も必要になります。

電車を使って面接会場に行く予定だったのに、車両点検のために運転が見合わされています。このままでは面接に遅刻となってしまいます。どうしますか?


速やかに担当者に電話をし、遅刻の旨を連絡する

面接を受けに行く会社の電話番号と担当者の名前は、事前にメモしておきましょう。電話では、どこの誰なのかをはっきりと伝えること。そして、担当の人に、どうしたら良いのか指示を仰ぎましょう。公共の交通機関が原因で遅刻をした場合は面接を受け付けてもらえることもありますが、遅刻の段階で問答無用のアウトという場合もありますので、基本的に面接時の遅刻は厳禁です。

○月△日、同じ時間帯にA社とB社の面接の予定が入っていることに気がつきました。面接をダブルブッキングしていたときの対処はどうしますか?

志望度の低い企業に対して理由を説明して指示を仰ぐ

面接に行けない理由を述べるわけですが、このとき正直に「ほかの会社の面接と重なっておりまして」と伝えるのは、良いこととは言えません。「大学のゼミの中間発表と重なっておりまして」などと話すのが、角が立たないひとつの方法です。後日面接をしてもらえる場合、「ゼミの中間発表はどうでしたか?」と質問されることも考えられるので、質問に対する準備をしておきましょう。

明後日の面接に必要な書類を準備するのを忘れていました。発行に時間がかかる書類もあり、面接の日までに間に合いそうもありません。どうしますか?

気がついた時点ですぐに担当者に電話で相談する

必要な書類が揃わない旨を担当者に伝えましょう。どう対応したらよいのかの指示を仰ぐことも出来ます。気がついていたのにも関わらず、面接当日になって書類が揃わなかったことを担当者に伝えるのはもってのほかです。面接を受け付けてもらえないでしょう。
参加者A 「面接って、嫌ですよね。」
参加者B 「でも、就職活動を乗り越えるには面接は必須だからなぁ。」
参加者C 「想定外の質問をされたときの返しの
バリエーションを増やしたい!(笑)」
参加者B 「“貴方は当社には向いてない”って言われて、
“そうですか”って返しちゃったやつなら知ってる。
あきらめんなよっ!(笑)」
参加者D 「同じサークルの子が面接に行った会社では、
控え室の様子も見られていたとか。」
参加者A 「おー、怖い、まるでスパイみたいな会社ですね。」
参加者C 「面接ではいつでも気が抜けないということね。」
参加者B 「“家に帰るまでが遠足”っていうのと同じですよね。」
参加者ABC 「そう?!」

この情報は変更することがありますのでご注意ください。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報