合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > 梅雨の合コンをおしゃれに乗り切るアイテム特集 レインブーツ

梅雨の合コンをおしゃれに乗り切るアイテム特集 レインブーツ

爽やかな五月晴れの日々が続いたと思ったら、もう梅雨が近づいて来ました。ジメジメしてゆううつな季節、と感じる方が多いかもしれませんが、実りの秋を迎えるために梅雨は欠かせません。
また、日本列島が年間を通じて水資源に困らないのは、梅雨があるから。イヤだな、なんて思わずに、梅雨に感謝しましょう。
ここではちょっとブルーになりがちな梅雨の時期を、気分良くファッショナブルに乗り越えるアイテム「レインブーツ」についてご紹介します。

色々あるレインシューズ

●スニーカータイプ

見た目は一般的なスニーカーで、靴ひもも付いています。色や柄も多種多様。午前中に雨が降っていても、午後には晴れることがよくありますが、このように天気が変化しても違和感を覚えない見た目が特徴です。

●パンプスタイプ

ローファーやローヒルパンプスがあります。仕事で外出する機会が多い方は、一足持っていると大変重宝します。エナメル素材は見た目もおしゃれなので、足元をかわいらしく演出出来ます。

●レインブーツ

あえて自己主張したいのなら絶対にレインブーツ。ショート丈からロング丈まであり、ヒールの高さも様々。ジメジメした空気を払しょくするかのようなビビットなカラーも素敵です。雨の日にしか履かないからこそ、お気に入りの一足を選びたいですね。

毎年進化を遂げるレインブーツ

●ショート丈

歩きやすいヒール無しタイプから、通勤にも履けるローヒールタイプまであります。主に仕事で使用するのならば落ち着いた色、プライベートで履くのなら、チェック・花柄などを選んでみてはいかがでしょうか。

●ミドル丈

スカートやクロップドパンツの時はあえて「見せて履く」ミドル丈が似合います。ヒールの高さは4cm前後がおすすめ。編み上げヒモがあるとカジュアルな雰囲気に、リボンがあるとドレッシーな雰囲気になります。秋から春にかけて、ブーツとして一年中履けるのがミドル丈の良い所です。

●ロング丈

スキニーパンツやジーンズに合わせるのならヒール無しのロング丈がおすすめです。近年ラインナップが爆発的に増えているのが、このロング丈。色や柄におもいきりこだわって、自己主張しましょう。
シンプルなリボンやベルト飾りがあると、「いかにも長靴」という見た目から解消されます。冬に大雨が降った時や雪が積もった時でも、この一足さえ持っていれば安心です。

レインブーツの素材は?

レインブーツは主に以下の素材で出来ています。それぞれの特徴を簡単に見てみましょう。

●塩化ビニール(PVC)

傷や汚れに強く劣化も少ないため、扱いやすいのが特徴です。デザイン性にも優れ、レインブーツの素材としは最も多く使われています。低温だと硬くなる性質があるので、冬場は少々歩きにくいかもしれません。伸縮性が少ないので、買う時には少し大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。

●天然ゴム・合成ゴム

伸びが良く柔らかいので、フィット感や歩きやすさの面で優れています。断熱性・防水性にも優れているので、冬場でも大活躍します。性能で選ぶなら天然ゴム・合成ゴムがおすすめです。

●合成皮革

いつも履いている靴に見た目が近く、レインブーツとは思えないファッショナブルな素材感が特徴です。デザイン性にも優れており、汚れにくいのがメリット。一方、防水性には少し課題が残るので、大雨の日には向かないでしょう。

お手入れ

●型崩れと湿気を防ぐ

一般的な靴やブーツと同じく、レインブーツも湿気は厳禁。型崩れや悪臭・雑菌繁殖の原因となってしまいます。普段はブーツ用のブーツキーパーで保管し、天気の良い日には外で陰干しをしましょう。

●スプレーもおすすめ

買った直後とシーズン後には専用スプレーを使用すると、レインブーツが長持ちします。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報