合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > 日本と違う!世界の就活事情

日本と違う!世界の就活事情

昨今、日本企業もグローバル化に伴い、グローバルな人材を求めています。実際に海外に拠点を持つ日本企業では駐在員を置く方向から現地採用にシフトしていく傾向も見られています。これは、日本経済の衰退と成長が続くアジアの経済に起因するもので、企業側の国内での採用枠の縮小とも言えます。さらに今後、日本企業に就職出来たとしても、日本で働けるという保証はないと言えます。
以上のことから、日本では就職難という言葉から脱出することは難しく、学生のみなさんの中には世界を視野に就職活動をしようと考える人も増えてきているのではないでしょうか?
そこで今回は世界の就活事情を調べてみました。
日本の就活は「新卒」「一括」と採用の種類が二通りが定着し、疑う余地もありませんが、世界の就活は日本とはかなり違いがあるようです。日本とはかなり勝手が違っていますので、海外での就職を目指している人はかなりの事前準備が必要です。
上手くいかない就活に悩んでいる人も視点や発想を国外に一度向けてみるというのも一つの手でしょう。
また、周りの就活している人は、どう考えているのか聞いてみましょう。知っているか、知らないかで大きく将来を分ける問題でもあります。

履歴書

採用して欲しかったら、最初のステップである履歴書が第一印象を決めます。しかし、日本の常識は世界の非常識なのかもしれません。当たり前のように使っていた履歴書も海外に放り出されたら何の役にも立たないのです。

日本

JISや指定の雛型の履歴書に手書きで記入します。
書類審査のみの場合は郵送します。また履歴書には写真の添付も必須です!

海外一般(特に欧米)

自分で作成したCurriculum Vitae (CV)やResumeを電子メールで送ります。
書式の指定は特に無く自由で、写真を付ける必要もありません。
個性やインパクトがある方が採用される確率が高くなる傾向です。
または、企業のウェブサイトの入力フォームにて登録という場合もあります。

世界の新卒者の就活事情
アメリカ

日本と違い、アメリカの大学は入るのは容易であるのに対し、卒業するのが難しいことで知られています。
日本の様に1年間かけて就職する為の準備などに充てる時間は当然なく、卒業ギリギリまでテスト・卒論・単位取得に追われることになります。よって、一般的には最終学期か卒業後に職探しを始めると言う形になります。
また、大学名よりも経験や専攻が重要視され、即戦力としての需要を満たす為に在学中にインターンシップをして人脈を作り経験を積むのが通常です。これで始めて履歴書に書く内容が出来上がるのです。
また、新卒の一括採用などは行なわず、ポストが空き次第、随時募集するという通年採用スタイルです。
これは、終身雇用制度がない事に起因します。またアメリカでは募集要項にMaster Degree(修士号)やBachelor Degree(学士号)などと学歴の指定がある場合、募集が(学士号)であったのに、自分の学歴が(修士号)の場合、他の条件をほぼ満たしていても、『条件を満たし過ぎている』ということで不採用となるケースもしばしば…これは学歴に応じた給与が定められているためです。

ヨーロッパ

EU諸国の傾向としては大学での専攻内容が直接“職種”にリンクするという事です。例え転職となっても同じ職種に就くのが一般的です。日本のような“総合職”は存在しません。また、アメリカと同じように新卒一括採用枠というものは無く、即戦力を求められます。また、不景気の煽りからか、人脈がかなりカギとなります。有力者と知り合い、ポストが空いたら紹介して貰う、というスタイルがかなり有利です。そういった意味では、より、地位の高い人と出会うチャンスの多い有名大学に進学することが大切であり、学歴社会と言えるでしょう。

中国

急成長を遂げている中国ではありますが、就職難は健在です。理由としては、都市部を好む傾向と、大学生の増大により、超買い手市場となっているからです。
一般的に新卒採用枠は無く、他国と同様に経験とスキルが重要視されます。
ただ、大学生の就活期間は存在し、他国よりは日本と同じようなスタイルです。日本と違う点は、企業から事前に職種、専攻、定員が明確に指定されているということです。

採用までの流れ

お国柄、国の情勢によってかなりのギャップがあります。海外での就職を考えるならば、日本人はかなりの経験を積んでおく必要があます。
海外に支社を置く日本企業であれば、日本式の採用までの手順を踏めば就職の可能性はありそうですが、海外の現地企業の就職を希望するのであれば一度日本で就職し、経験を積んでから転職するのが妥当でしょう。
また、学生のうちに海外インターンシップを経験しておくのも一つの手です。いざ、海外に乗り込んでみてから、予想と違う…ということがない様に、インターンシップなどで肌で感じておくことで、根拠のある自信を持つことで、アピール出来るのです。海外では、経験やスキルを念頭に動くことが肝心なのです。

日本

合同説明会→ES(エントリーシート)→書類審査→筆記試験→面接→内定

欧米

CV・Resume作成→書類審査→面接→採用

中国

履歴書→合同説明会→書類審査→筆記試験→面接→採用

海外で働く為のマメ知識

お国柄、国の情勢によってかなりのギャップがあります。海外での就職を考えるならば、日本人はかなりの経験を積んでおく必要があます。
海外に支社を置く日本企業であれば、日本式の採用までの手順を踏めば就職の可能性はありそうですが、海外の現地企業の就職を希望するのであれば一度日本で就職し、経験を積んでから転職するのが妥当でしょう。
また、学生のうちに海外インターンシップを経験しておくのも一つの手です。いざ、海外に乗り込んでみてから、予想と違う…ということがない様に、インターンシップなどで肌で感じておくことで、根拠のある自信を持つことで、アピール出来るのです。海外では、経験やスキルを念頭に動くことが肝心なのです。

悪質業者にご注意を

近年、海外での就職の人気に便乗した悪質な就職斡旋会社が急増しています。 面接という名目のメールで観光案内をしてきたり、試用期間中としてほぼ無賃で就労させ、正式雇用前に終了したり、有料セミナーを斡旋し、企業を紹介せずに終わる等…弱みに付け込む悪徳業者には十分注意をしましょう。 紹介してくれる企業には疑問や質問は率直に問いましょう!!また、就労査証の費用を個人に負担させる企業にも要注意と言われています。

海外で就職するには?

就労査証(就労ビザ)…海外で就労する為には就労ビザをとる必要があります。この就労ビザを取得することで初めて、定められた職種の範囲内で就労することが認められます。許可を得ずに就労し、収入を得ることは不法就労という罪に問われます。発覚した場合、罰金・国外退去処分・一定期間の入国禁止となります。原則として、海外での就職では『日本人を雇う必要のある職種』であることが大切です。これは、日本人を雇うことで現地労働者の雇用の機会を奪う事を避けるためです。
就労ビザを取り易い職種例
→寿司職人、和食店店員、IT関係、医療関係、スキューバダイビングインストラクター

この情報は変更することがありますのでご注意ください。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報