合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > 合コンで使えるネタ話題 ・ ことわざネタ

ことわざネタ

「天高く馬肥ゆる秋」や「女心と秋の空」などのことわざにも見られるように、秋の気候は古来より日本人にとって過ごしやすくもあり、寒暖がはっきりしないこともあるので、ある意味捉えにくい季節とも認識されてきました。
日本人は一年の四季を楽しむことが出来る民族として有名ですが、そのなかでも秋という単語を使用した慣用句やことわざはひときわ多いことをご存知ですか? このようなイディオムをまめ知識として知っておくと思わぬタイミングで利用できるものです。昔の人々の言葉から、秋とはどんな季節なのか、を学んでおくと、自然と「秋」に興味が湧き、気付くことが多く身に付くことが増えます。

秋茄子は嫁に食わすな

「ここ、クーラーきつくないですか?」

「寒いですよね?」

「女性に冷えは天敵ですからね。」

「秋茄子は嫁に食わすなって言いますしね!」

「あれ、それってそういう意味でしたっけ?」

秋茄子は嫁に食わすな

有名なことわざのひとつですが、その意味は二通りあります。また、それは真逆の意味を持っている特殊な慣用句です。一つ目の意味は「秋の茄子はとても美味しいので憎らしい嫁に食べさせる必要はない」という姑達の嫁いびりの言葉という説。二つ目の意味は「茄子は体を冷やすので大事な嫁には食べさせてはいけない」「茄子には種が少ないので子供が出来にくくなるため、大事な嫁には食べさせてはいけない」というお嫁さんをいたわる言葉とする説です。使用する場合によってニュアンスがだいぶ変わってきますが、一般的には一つ目の意味が広く使われていたため、二つ目の意味は一つ目の意味の露骨さから生まれたフォローのようなものなのかもしれません。

秋の日はつるべ落とし

秋の日はつるべ落とし

「もうすっかり暗くなってしまいましたね」

「早いですね、秋の日は釣瓶落としって言いますからね」

「暗くなるのが早いと夜道は危ないですから
気を付けてくださいね」

秋の日の短さと日の入りのスピードの速さを、井戸の水汲みに使われる釣瓶に例えて言い表したものです。 夏から秋に変わると、夕日になったと思ったらあっという間に暗くなってしまったという経験をお持ちのことでしょう。 春先から夏にかけて日の出は早朝に、日の入りは夕刻遅くなっていきます。反対に、冬は日の出が遅くなり、日の入りが早まっていきます。このとき、冬では日の出が遅くなっていくよりも日の入りの時間の変化の方が顕著に起こります。 夏場は逆に日の出の時間の変化が大きいのですが、朝4時5時にその変化を感じ取れている人は少ないため、秋の日照時間の変化を感じることが必然的に多くなるのです。早起きの人だけは、「日の出がかわってきたな」と季節の変化に応じて感じていることでしょう。

男心と秋の空・女心と秋の空

男心と秋の空・女心と秋の空

「元の彼女とはどんな風に別れてしまったのですか?」

「それが突然だったんだ、理由も良くわからなくて…」

「そういう女性いますよね、女心と秋の空って言いますし…
次、頑張りましょうよ!」

「男心は移り変わりしないんだよなぁ…」

抜けるような空、清々しい空気感、夏に比べて気持ちの良い日が続くため秋の空の意味を思わず取り違えてしまいそうですが、ここでいう秋の空は変わりやすさの代表例として使用されています。 その理由は天気の変化が激しいこと、晴天の日と雨天曇天の日が目まぐるしく変わる季節であることが原因で、この変わりやすさを男性の心に例えたのが最初です。 このことわざが最初にできた江戸時代。完全な男性社会で女性の浮気は死罪をも招く重罪とされました。しかし、「浮気は男の甲斐性」と言われるように男性の浮気に関しては寛大だった時代に、振られた女性やまだ若い女性に対する一つの教訓のような意味も込めて、男性は秋空くらい移り気だから、気をつけなさいよ。という意味が強かったようです。 しかし、男心という単語がなぜか私たちには耳馴染みのない言葉のように聞こえます。「女心と秋の空」という使い方が浸透しています。 時代は大正。西洋の文化が多く入り、女性の地位が飛躍的に向上した時代です。恋愛に対する価値観が大きく変化し、発言や思想が自由に表現できる時代になったことで、「女心」というものが世間に広く知れ渡ったため生まれた言葉です。 恋愛や浮気に対しての言葉であった「男心」とは違い「女心」とは、感情の起伏が激しく、喜怒哀楽がはっきりしており、物事に対しても移り気な様子を指示した言葉です。

ことわざから学ぶこと

秋は夏に比べ過ごしやすいので夜遅くまで起きていたり、美味しいものをたくさん食べたりと何かと不摂生になってしまう季節です。 夏に比べて体の代謝も落ちることに比例し、残暑を理由に水分を取りすぎむくんでしまったり、日が短くなることによって気持ちが少し鬱になりやすく、切ない曲が聞きたくなる季節だとも言われているため、あまりに無茶をしないようにと暗に示してくれているのかもしれません。 楽しい時間は思いっきり楽しむべきですが、体と心のバランスに気を配り、何事にも度を超えないようにした方がよいでしょう。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報