合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コンで使えるネタ・話題 > 合コンカラオケで気を付けたいマナー

合コンで使えるカラオケ雑学 合コンカラオケで気を付けたいマナー

カラオケに慣れている人はほとんどの人がマイルールを持っており、自分なりの楽しみ方があります。しかし、仲間内では通用したルールもひとたび初対面の人が入ると途端になかったことになってしまい、思わぬことでドン引きさせてしまう人がいます。楽しいカラオケタイムで合コンを成功させましょう。

歌い始めは肝心!序盤選曲のマナー

序盤の選曲は盛り上がる曲でまずはみんなで参加しましょう。
但し、盛り上げようとし過ぎると逆効果になってしまう場合もあるので注意が必要です。一概には言えませんが、しんみりしてしまう歌を最初から歌ってしまうとその後続く人達が歌いづらくなってしまう可能性があります。あまり知られていないようなバラード、演歌、マイナス思考な歌詞と曲調のロック、ポップスはある程度避けておくのが無難です。最初の曲はさびの部分をみんなで口ずさむことができるとどんどん盛り上がっていきます。

歌っていない時のマナー

自分が歌い終わってもホッとして気を抜いてはいけません。
気になる相手が歌っている最中は、聞いていることを相手にアピールすると印象がいいはずです。
人間の耳はどういう状態でも音を聞くことが可能です。しかし、傾聴しているという行動をとらないのはその場の雰囲気的によろしくありません。
歌っている人は『せっかく歌っているのだから聞いて欲しい』と思うはずです。せめて首を左右に揺らして音楽に乗るなど、相手の歌を楽しんでいる雰囲気を演出しましょう。
携帯をいじったり、大声で話したりはなるべくしないようにしましょう。

自分しか知らないようなマイナーな曲は入れないようにしましょう。
特に女性アイドル、洋楽などが多いです。有名かどうか良く分からない場合はアーティスト名をみんなに聞いてみて、知っている人がいるかどうかを確認してみるのもいいでしょう。
知らない人ばかりになってしまっても、どうしても歌いたい(他にレパートリーが無い)場合は場の空気によって選択しましょう。盛り上がっている最中でアップテンポの曲であれば多少知らない人の歌でもノリで許されるかもしれません。

カラオケには二本(もしくはそれ以上)マイクが備え付けられている場合がほとんどです。
デュエットする場合に使用しますが、人が歌っているときに空いているマイクで参加するのは嫌がる人もいるので注意が必要です。
選曲者のステージを突然邪魔しないためにも、ぐっと我慢する事が必要です。
ただし、意気投合した相手と盛りあがってきた時にノリで歌うのは全体的に盛り上がるのでその場の空気の判断如何となります。

良く聞かれる「歌えないけど入れていい?」という質問、これはあまり好まれません。実際ほとんど歌わず消してしまう人もおり、聞いている方からするとどういうリアクションをとっていいのか悩んでしまうからです。
「難しい歌だね」「良い曲だね」(全然分からなかったけれど…)
と単純に相手に気を使わせてしまい、静まり返ってしまいます。中の良い友人同士のカラオケ練習会でのみ通じると思ってください。

お開きのタイミング

お開きの時間を気にしておくことも大事です。
最後の歌はその日のカラオケの良し悪しを印象付ける大事な曲になる場合が多く、誰かが一人で熱唱してしまうとその人の歌を聞きに来た気分で終わってしまい、他のことの印象よりも強く残ってしまいます。
最後が近づいたらみんなが知っている曲、アニメソングや一人では歌いづらい最新アイドル曲など、とにかく楽しかったと思わせられるような選曲をし、全員で歌って終わりましょう。
少しの気遣いやマナーでカラオケ嫌いな人や消極的な人も楽しめます。
是非実践してみましょう。

この情報は変更することがありますのでご注意ください。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報