合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

合コンテクニック集

For MEN For WOMAN
合コンマスタースマートフォンサイト
エクシオのネット婚活「ルミエール」無料おためし会員様検索はこちら
トップページ合コンで使えるネタ > 2013シーン別ヒットソング特集
2013シーン別ヒットソング特集

カラオケのヒットソング

◇女々しくて/ゴールデンボンバー

「2013年JOYSOUND上半期ランキング」によるカラオケ総合ランキングでは、ゴールデンボンバーの「女々しくて」が1位を獲得しました。「女々しくて」は、2009年10月に発売された、ゴールデンボンバーの7枚目のシングル。ゴールデンボンバーの代表曲でもあります。2012年の紅白歌合戦を経て、性別や年代を問わず老若男女から人気のある曲です。
・ゴールデンボンバーとは? ビジュアル系バンドにして、楽器を演奏しないエアーバンド。メンバーは、ボーカルの鬼龍院翔(きりゅういんしょう)、ギターの喜矢武豊(きゃんゆたか)、ベースの歌広場淳(うたひろばじゅん)、ドラムの樽美酒研二(だるびっしゅけんじ)の4人。楽曲は、ボーカルの鬼龍院が作詞作曲を手がけています。2013年は、「ゴールデンボンバーホントに全国ツアー2013~裸の王様~」を開催。全国を急がしくかけめぐり、更なる人気を集めています。

TVドラマのヒットソング

◇DARK RIVER/GLAY

NHKドラマ10「激流~私を憶えていますか?~」の主題歌。2013年7月24日に発売されたGLAYの通算48枚目のシングルに収録されています。同ドラマのプロデューサーから、予想をはるかに超える良い出来栄えだと絶賛された、ミドルロックチューン。人生について考えさせられる、赴き深い曲です。
・激流~私を憶えていますか?~とは? 柴田よしき原作のミステリー小説、『激流』をもとにした、NHKのドラマ。2013年6月25日から8月13日まで、全8回放送されました。主演は田中麗奈。物語は、20年前の中学時代に修学旅行で姿を消した1人の生徒から、当時同じ班だった5人のもとに「私を憶えていますか?」というメールが届くところから始まります。

CMのヒットソング

◇のりことのりお/きゃりーぱみゅぱみゅ

「のりことのりお」は、auのCMタイアップ曲。auショップなどでも流れています。耳に残るメロディーと覚えやすい歌詞は、知らない間に思わず口にしてまうかも?!このCMソングを聴いて他社からauに乗り換えた人も多いかも知れませんね。
・きゃりーぱみゅぱみゅとは? ファッションモデルであり、歌手。フルネームは、“きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ”。ぱみゅぱみゅの言いにくさは、アナウンサー泣かせとも言われています。2009年にファッション雑誌『KERA』のストリートスナップで人気を集め、その後読者モデルとして活躍し、東京ガールズコレクションや、神戸コレクションなどにも出演。ORICON STYLEが発表した「好きな読者モデル(2012年)」のランキングで1位にランクインしています。

映画のヒットソング

◇ひこうき雲/荒井由美

宮崎駿が監督した長編アニメ映画『風たちぬ』の主題歌。「ひこうき雲」のオリジナルは、40年前に発売されています。なぜ、今回映画に起用されことになったのかというと、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、2012年に発売された松任谷由実40周年記念ベストアルバムで、改めて「ひこうき雲」を聴いたことにあります。その後、宮崎駿監督もこの曲を聴き、映画の世界観にマッチしているということから、起用が決定したとのことです。
・映画 風たちぬとは? 実在した航空技術者、堀越二郎をモデルにその半生を描いた作品。しかし、同時期に活躍した堀辰雄の小説『風立ちぬ』からのインスピレーションも盛り込まれているので、2人の人物を混ぜて1人の人物を作ったとも言えます。舞台は、関東大震災から日本が戦争に巻き込まれていく時代。恋愛シーンも折り込みながら物語は展開していきます。宮崎駿の、長編アニメでは最後となる作品です。

VOCALOIDのヒットソング

◇千本桜/WhiteFlame feat.初音ミク

人気の衰えを知らないVOCALOID。「2013年JOYSOUND上半期ランキング」によるカラオケ総合ランキングにて1位を獲得した「千本桜」は、2011年9月17日に投稿された黒うさP(Whiteflame)の初音ミクオリジナル曲。投稿されるやいなや、再生数が猛烈に伸び2ヶ月足らずで100万再生を達成し、現在も順調に再生数を伸ばしています。黒うさP最大のヒット曲。
・初音ミクとは? 音声合成・デスクトップミュージック用のボーカル音源の製品名、およびキャラクターとしての名称。2007年8月に「キャラクター・ボーカルシリーズ」の第一弾として発売されました。ソフトウェアにリアリティーを持たせるために、バーチャル・アイドルのキャラクターとしての姿が与えられています。名前の由来は、「初めての音」から「初音」、「未来」から「ミク」。キャラクター・ボーカルシリーズには、初音ミクのほかに「鏡音リン・レン」、「巡音ルカ」があります。