合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

合コンテクニック集

For MEN For WOMAN
合コンマスタースマートフォンサイト
エクシオのネット婚活「ルミエール」無料おためし会員様検索はこちら
トップページ合コンで使えるネタ > 真夏の夜に聞きたい、歌いたい曲
真夏の夜に聞きたい、歌いたい曲

夏がテーマで、女性が男性に歌って欲しいと思う歌のメジャーな曲です。
幅広い世代の方にも指示が高いすでに定番になっている曲ばかりですが、合コンで他の人に歌われてもいいように、いくつか練習をしておきましょう。

「夏の終わり」 森山直太朗

ミニアルバム「いくつもの川を越えて生まれた言葉たち」の収録曲からのシングルカットです。遠い恋人を想う様な歌詞にファンが多いけれど、実は反戦歌だそう。夏の終わりのちょっと寂しくなるような時期に聞きたい曲…という人が多いようです。 メロディーはどこか寂しいのだけれど何故か心に残る曲ですね。

「夏色」 ゆず

夏の定番曲、イントロでもう「夏キター!」ですよね。ゆずの曲の中ではTOP3に入るほど有名な曲かもしれません。また、ゆずの曲はどれも音程が高いと言われていますが、この曲は多少キーを下げても安心です。盛り上がること間違い無しなので合コンにはもってこいです。歌ったことがない人も是非歌ってみてください。

「島唄」 THE BOOM

沖縄の雰囲気や人々の心を象徴するかのような美しい歌詞とメロディが日本中のみならず海外でも愛されている90年代の日本の音楽シーンを代表するものとなった「島唄」。ノリノリな曲も良いけれど、合コンの途中でこんな緩やかでメリハリの利いたメロディラインの曲を歌ってみると女子たちも癒されるはず。

「君がいた夏」 Mr.Children

ミスチルのデビューアルバム『EVERYTHING』からのカットで記念すべき1枚目のシングルです。聞き心地が良くどこか懐かしい感じもするさわやかな曲なので、今のミスチルももちろん人気ですが、この頃のストレートでどこか可愛らしい歌詞も人気が高く、合コンにおすすめ。

「少年時代」 井上陽水

井上陽水最大のヒット曲と言われていて、代表曲の一つに挙げられることが多い曲です。ただ、発売当初はオリコンの週間シングルチャートでも最高20位程度だったそう。発売から1年経った頃CM曲に採用され、大ヒットしたそうです。そしてこの曲はゆったりとしたテンポで、歌いやすさも抜群なので、歌がちょっと苦手な方にもピッタリです。

「何も言えなくて…夏」 J-WALK

1990年に発売された「何も言えなくて」をサマーバージョンとして歌詞を変えた、JAYWALKの代表曲です。繊細で優しいメロディラインと胸にグっとくるような歌詞から、今でも大人の女性からの支持も高い曲です。前半はノリノリの曲、途中でこんな大人の一曲を選ぶと注目されそうです。

瞳そらさないで DEEN

清涼飲料水のCMソングで一躍有名になった曲です。サビの「瞳~そらさないで~」のところはもの凄く印象的なので、何故かとても耳に残ります。
内容は失恋ソングだけど、爽やかなメロディラインなので、耳当たりの良い曲でとっても聞き心地の良い一曲。
昔のほろ苦い思い出を想い出す人も多いはずです。

「花火」 aiko

1999年の8月、まさに花火の季節に登場したこの曲はaikoの3枚目のシングルです。夏の星座から、花火を見下ろせればいいのに…などのような印象深いフレーズが多く、aikoのファンになった きっかけの曲という人が多い人気の曲です。女性の素直な気持ちを表現するaikoの曲の中でもファンが多く、年齢を問わずキュートに見えるので、合コンでも!

「夏祭り」 Whiteberry

夏休みのお昼の連続ドラマに使われていた曲です。この曲を聞くと、何故か懐かしい幼かった頃の昔の風景や純粋で無垢だった頃の自分などが想い出すという方が多いという曲です。夏はもちろんのこと、冬や秋の寒い時にまで、夏を思い出させてくれるような純粋な歌詞が魅力的なので、やはりカラオケの大人気定番曲なので、合コンの前には少しれんしゅうをしておいた方がいいかもしれません。

「涙そうそう」 夏川りみ

森山良子さん作詞で、森山さん自身の実の兄を想って書きあげた詞だそうです。「涙そうそう」とは「涙がとめどなく溢れる」という意味。愛する人との別離の苦しみを美しいメロディラインで表現しました。但し、その場の空気に合わせた選曲を。友人同士ならまだしも、合コンの席なので急にテンション下がらないように考えて。

「世界でいちばん熱い夏」 PRINCESS PRINCESS

言わずと知れた夏の名曲です。テンションアゲアゲになるから、合コンカラオケスタートの一曲目にかなりおすすめです。

ポイント①
カラオケが苦手な人には「一緒に歌おうよ!」と提案する。

人と一緒に歌うと,音痴な人も何故か音程が安定するので、マイクのない人も一緒に歌ってあげると、より心強く感じられる上、メンバーの一体感も出ます。夏の夜ならではの盛り上がりでテンションもアップします。

ポイント②
カラオケではずっと歌い続ける必要はない。

個室を貸し切っていると捉えて一次回の飲み直しや簡単なゲームなどをするのもアリです。 特に夏の暑さで疲れ気味の女子もいるかもしれないので、ブレイクタイムを作ってあげると評価も高くなるかもしれません。

ポイント③
歌に自信がある人は、意中の異性に
「歌って欲しい曲は?」と聞いてみるのもOK

自分の好きな曲を上手く歌えればかなり高印象です。カップルに、相手を初めて意識した瞬間は?と聞くと「カラオケで自分の好きな曲を歌っていた時」という意見も多いのです。


 


▲PAGE TOP