合コンマスター/これであなたも合コン勝者! 情報満載の合コン総合サイト

トップページ合コン攻略メモ > こんな街コンには二度と行きたくない!男性編

こんな街コンには二度と行きたくない!男性編

こんな街コンには二度と行きたくない!男性編

街コンに参加していると楽しいこともあればガッカリしてしまうこともあります。
よく街コンに行く男性に、失敗だった街コンについて聞きました。

酔っ払いにドン引き

街コンに参加して、3件目のお店での出来事です。よい感じで酔っぱらった女性たちと同席になりました。
僕たちも軽く酔っぱらっていましたが、女性たちほどではなく・・・
酔っ払いらしく、声の調節ができず、とにかく声が大きい。そして、女性らしい可愛い笑い方ではなく、ゲラゲラガハハと笑い出す。
何よりも驚いたのが、会話は下ネタがほとんど。いや、楽しいんですが、恋人候補探しに来ている婚活中の僕たちには、「これはないな」「下品過ぎ」という評価に。テンションが高すぎて、ついていけませんでした。

POINT

街コンでは、お店ごとに会話するメンバーが違います。そのため、飲んだお酒の量もお店の件数も、グループごとに違うので、酔い方も人それぞれ。
同じくらい酔っぱらっていれば見逃していたような細かいことも、酔ってない異性には残念な光景に映ってしまうことも。飲み過ぎには注意しましょう。

スマホをいじりながら

街コンに限らず作業をしながら人と話すってやる気なくないですか?街コンに参加した時2対2で会話をしていたのですが相手グループがずっとスマホをいじってたんです。たまに見るぐらいなら許せますけどずっと。さすがにスマホいじるのやめなよと軽く注意しましたが、その後も変わる様子はありませんでした。小さい時、家族でご飯を食べているときに注意をされた時の親の気持ちがわかり残念でした。女子同士ラインで街コンの品定めもしていたんですかね。せめてもう少し分からない所でやってほしいです。

POINT

人と話すときは目を見て話すのがマナーですね。話をする姿勢って内容よりもずっと重要なのです。

いつまでも受け身の女性

以前参加した街コンの相手は仲良し3人グループの女性。見た目が清楚でかわいらしくて男性陣はテンションが上がっていたのですが、スタートから時間が経っても話題を提供するのはこちらばかり。女性陣はくすくす笑ったり質問に答えたりするだけ。女性からの質問はほとんどなく、食べ物を頼むときにも「なんでもいいです」ばかりでした。恥ずかしがり屋なのかと思っていましたがあまりにもこちらに任せっきりなので頑張るのがバカらしくなってきてしまいました。一応義理で二次会に誘ってみるとすんなりOKだったので僕達を気に入らなかったわけではないようです。ただ二次会でもやはり受け身で少々疲れてしまいました。

POINT

初対面の異性に緊張するのは仕方のないことだとしても、会話や進行をずっとお相手任せにしてしまうのはNG。街コンはみんなで楽しむものですから、話題を振ったり会話を広げたりして盛り上がるように積極的になりましょう。

メンバー選びで失敗

一緒に街コンに行っていた友達に彼女が出来たのもあり、いつもとは違うメンバーで街コンに参加したのですがこれが失敗でした。お酒のペースが早すぎて悪酔いしてしまった一人のために街コンの場はめちゃくちゃに…。その一人を帰しての二次会ではうまく仕切り直しが出来ずあまり盛り上がらないままお開きになりました。もちろんその後の進展もなし。慣れたメンバー同士だとグループで協力しやすかったけど、その時は役割分担を考えずに集めたメンバーだったので失敗したのかもしれません。街コンはメンバー選びが重要という意味を実感しました。

POINT

街コンでは仕切り役、盛り上げ役、聞き役など様々なタイプのメンバーを揃えるといいでしょう。メンバーそれぞれが積極的で盛り上がりやすい一人参加型の街コンもおすすめです。

婚活はいいけど……

30代同士の大人の街コンに行ったのですが、女性陣は明らかに結婚相手を探しに来た!というかんじで質問攻めに遭いました。年齢や仕事については普通に答えていたのですが、今後の転勤予定や親との同居の可能性、さらには「聞きにくいんだけど年収はどのくらい?」と聞かれたときにはさすがに引いてしまいましたね。それなのにこちらが年齢を聞くと曖昧にはぐらかすし…。僕も結婚願望があるものの出会いが全くないため街コンで出会った女性とうまくいけば結婚したいと思っていますが、街コンの場で品定めをしてくるような女性との結婚は絶対に考えられないです。

POINT

街コンで婚活する方は男性女性共に増えてきていますが、最初から結婚を意識した質問ばかりを投げかけるのはマナー違反です。食べたり飲んだりしながら仲良くなるのが街コンの醍醐味。結婚についてあまり気負いすぎず、まずはフィーリングが合う方を探してみてはいかがでしょうか。


▲PAGE TOP

参加者募集中の街コン

ピックアップ情報